お電話からのお問い合わせ!

03-6906-7221 営業時間 : 09am-06pm  定休日 : 土・日・祝日

電子書籍 とは?

紙とインクを利用した印刷物ではなく、デジタル化された情報のうち、従来の書籍(雑誌を含む)を置き換える目的で作成されたコンテンツをいいます。電子ブック、デジタル書籍、デジタルブック、Eブック、オンライン書籍とも呼ばれています。

電子書籍のコンテンツの多くは、既に出版された印刷書籍の情報を、デジタルな文字情報や必要ならばさし絵をデジタル画像情報へ変換して電子ファイルにすることで、印刷、製本、流通の経費削減や省スペースを実現できます。(Wikiより)

電子書籍 使用例

一般書籍(文庫、漫画など)

AmazonのKindleのように単純に紙の本をパソコン、スマート機器、専用端末機などで読める電子書籍です。
製作は簡単で今はほとんどの文庫は紙の本が出版される時電子書籍も同時に出版されています。

教科書、問題集、語学テキスト

教育関連コンテンツは一般文庫を続いて一番多く活用されています。教科書は先生用、学生用に別々作成されてより効率的な教育が可能になっています。
本文の読み上げ、回答表示、関連URLリンク、参考動画再生など様々な便利な機能が再現できます。

古文書、絶版書籍

後世に残すべきの古文書、絶版した本、個人的な日記などを高性能スキャナーとかカメラで撮ったデータを電子書籍にして保管できます。
この作業を専門にする業者も増えていて利益よりはその価値の高さが評価されています。

電子カタログ

新しい商品の宣伝によく使えるカタログもデジタル化すると紙のカタログには出来ない様々な機能でもっと効果的な宣伝と販売ができます。
商品の3Dイメージ、色の組み合わせ、即購入などホームページでは再現出来なかった機能が再現できます。